カエルのぴょん吉がお茶屋に居候。彼は何を思うのでしょうか。

カエルのぴょん吉がお茶屋に居候。彼は何を思うのでしょうか。

いつも、お茶のスイーツや京都・信楽の情報をお知らせしているのですが
今日はカエルの話を。

7月下旬、ちょうど夏休みが始まるころ
信楽の京都利休園の店舗にカエルが住みついています

彼のことを「ぴょん吉」とでも呼びましょうか

余程心地がいいのか
お昼間には「じー」っと茶畑を見つめています
(ちょっと遠いけどぴょん吉の身長から茶畑が見えるのかい?)

カエル

そして、夜になるとこの植木鉢をよじ登って夜を過ごします

餌をあげていないので少し心配です
蚊や蜘蛛などを自分で狩りをして食べているのでしょうか

こんな生活を始めて
もう2ヶ月になろうとしています

秋になり、ぴょん吉の背中には
どこか哀愁を感じる今日この頃です

秋

先週ドラマのぴょん吉はいなくなってしまったようですが
利休園の”ぴょん吉”もいなくなってしまうのでしょうか

なんだか寂しくなる
夏の終わりです